文字サイズ

背景色

新型コロナウイルスの影響により収入が減少した方へ(特例貸付の受付が8月末まで延長されました)

新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少した方々へ生活費の特例貸付(緊急小口資金と総合支援資金の2種類の特例貸付制度)を実施しております。

この度、令和3年8月末まで受付期間が延長されました。郵送の場合、8月31日までの消印で白山市社協に届いた申請を受け付けます。

※令和3年4月1日以降に申請を受け付けた総合支援資金(初回)は延長をすることができません。

 

また、離職や収入の減少等により住居を失うおそれのある方を対象に、家賃の給付制度(住居確保給付金)の申請受付を実施しております。

詳しくは厚生労働省の「生活支援特設ホームページ」をご覧ください。

https://corona-support.mhlw.go.jp/

 

 

【申請方法】       

※郵送でも受け付けております。

申請書類はこちら ↓

□緊急小口資金

緊急小口資金について

20200201緊急小口資金(特例貸付)申請書類一式

 

□総合支援資金

総合支援資金について

20210201総合支援資金(特例貸付)申請書類一式

 

□総合支援資金の再貸付について

政府の緊急事態宣言の延長に伴い、緊急小口資金及び総合支援資金の特例貸付の利用が終了しても生活にお困りの方を対象に、総合支援資金の再貸付を実施します。

申込受付は、令和3年8月31日までです。

なお、申込みが集中した場合、送金まで3~4週間程度要する場合もありますので、予めご了承ください。

再貸付の内容はこちら

再貸付申請様式はこちら

【再貸付の注意事項】

・事前にお問合せいただいた方については、本会より申請書類一式を郵送しています。

・申請用紙をご希望の方は、ご連絡いただければ郵送します。

・申請は原則郵送にてお願いいたします。また、収入の減少が続いていることを確認するため、直近の収入がわかるもの(給料明細の写し、通帳の写し、売り上げ帳簿の写し等)を添付してください。

・申請用紙が本会に届いた段階で、現在の状況等を電話にて確認させていただきます。

・面談にて申請をご希望の方は、事前にお電話にてご予約ください。

 

□住居確保給付金(賃貸住宅への家賃補助制度)

住居確保給付金の申請については面談が必要になりますので、申請されたい方はご連絡下さい。

住居確保給付金について

 

 郵送先:白山市社会福祉協議会 〒924-0865 白山市倉光八丁目16番地1(白山市福祉ふれあいセンター内)

 

【窓口申請をご希望の場合】

※予約なしで窓口にお越しいただいても、対応できない場合がありますのでご了承ください。

 

【問い合わせ先】

白山市社会福祉協議会 〒924-0865 白山市倉光八丁目16番地1(白山市福祉ふれあいセンター内)

電話:276-3151、276-9389(平日9:00~17:00)

このページの先頭へ