HOME > お知らせ > 2016年

車椅子バスケットボール体験と福祉の授業 @広陽小学校

6月22日(水)白山市立広陽小学校にて、福祉についての授業と車椅子バスケットボールの体験会を行いました。

4年生の児童3クラス96名が参加。3つのグループに分かれて福祉についての講座、生活用車椅子の使い方、競技用車椅子でのバスケットボールを体験学習しました。

車椅子バスケットボールの講師には、富山県車椅子バスケットボールクラブの岩井孝義選手をお招きし指導にあたっていただきました。生活用車椅子の指導は美川支所・鶴来支所のスタッフが担当、当ボランティアセンターの岩崎が福祉についての授業を担当いたしました。

車椅子バスケットボール体験学習会 @千代野児童センター

6月11日(土)白山市内千代野児童センターにて車椅子バスケットボールの体験学習会を開催しました。

車椅子バスケットボールクラブ「Jamaney石川」代表で当ボランティアセンター職員の岩崎大輔が講師を務め、千代野地区の小学生児童17名が競技用車椅子を使った鬼ごっこやバスケットボールを楽しみました。

当日はたくさんの児童にご参加をいただき、好評のうちに無事終了いたしました。ありがとうございました。

ボランティア・市民活動分野別交流会

3月18日(金)白山市福祉ふれあいセンター2階会議室にて、白山市で活動するボランティア・市民グループとして活動されている方、または活動に興味のある方を対象とする交流会を開催いたしました。

会場では「高齢者・障害者の生活支援」「子ども・子育て支援」「福祉施設でのボランティア活動」「音楽・芸能」「災害支援」「まちづくり」といった活動の分野ごとにテーブルに分かれ、意見や情報交換の場として活用していただきました。多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

雪かきボランティア体験 in 桑島(雪だるままつり)

2月6日(土)白山市桑島地区で雪だるままつりにあわせた地区の雪かきと、おまつりのお手伝いを行うボランティア体験会を開催しました。

去年に引き続き白峰地区の民生委員会・社会福祉協議会ほか地域の皆様のご協力のもと、学生・社会人の皆様20数名に参加いただき、桑島地区の高齢者宅の雪かき・雪だるま作り、民俗資料館での古民家見学・食文化体験を通し、白山ろくのくらしとボランティア活動への理解を深めました。

 

PAGETOP