文字サイズ

背景色

地区社会福祉協議会の概要

1. 地区社会福祉協議会とは?(通称:地区社協)

地域の問題を解決しようとしても、公的なサービスだけではすべて解決することはできない時代であるとともに、一人ではできることも限られてきます。

そのため、地域の住民同士が、自分たちが住んでいる地域の生活・福祉課題や困りごとを自分たち自身の問題として受け止め、関係機関や専門機関等と連携・協働しながら解決に向けて協議し、「誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくり」を目指す、住民主体の活動組織団体です。

2. 地区社協の機能と役割

住民自身が、自分たちの生活する地区での福祉の課題やニーズを主体的に捉え、住民一人ひとりが安心して暮らすことができる住みよい福祉のまちづくりに自発的に取り組む活動です。

〔実施事業の例〕

事業区分

事業名

事業の内容

地区社協の基盤となる事業

各種会議開催

地区社協運営に必要な会議(理事会、役員会等)や関係団体連絡会等の開催。

各種調査活動

地域の福祉ニーズや住民の生活実態を把握するための意識調査や調査活動などの実施。

地域の課題を共有・協議する場の開催

地域住民を対象に、地域の福祉課題や福祉ニーズを共有し、その課題の解決策や新たなしくみを協議・検討する地域福祉懇談会(座談会)の開催。

福祉の心を育てる事業

地域福祉講演会・研修会

地域住民を対象とした地域福祉啓発のための講演会や研修会の開催。

広報啓発活動

地域福祉啓発のための地区社協だよりやチラシ等の発行。

ボランティアの養成・支援

地域における福祉ボランティアの養成や活動支援を行う。

地域のつながりを広げる事業

あいさつ・声かけ運動

あいさつ・声かけ運動の実施。

地域交流活動

子どもから高齢者まで、地域の多世代が交流し、地域のつながりを深めるための活動。

見守りネットワーク活動

地域住民が主体となり、ひとり暮らし高齢者や障害者など、地域の中で「気になる人」の見守りや、定期的な声かけ訪問活動、情報の共有等により、見守りネットワークを構築する活動。

関係団体、ボランティア等とのネットワークづくり

地区社協の構成団体や各種地域団体、ボランティア等との定期的な情報の共有や協働の場づくり。

その他地域福祉の推進を目的とした活動

 

3. 活動資金

  1. 地区社協活動交付金
    白山市社協では毎年1世帯500円を目安として活動協力金にご協力いただいています。この活動協力金についてはその地区で集まった活動協力金の40%相当額を地区社協の活動費として助成しています。
  2. 地区社協活動助成金
    自主的な地域福祉活動推進のため、事業経費の一部として18万円を助成しています。
  3. 地域ふれあいサロンへの助成
    地域住民、ボランティアが主体となって開催されている地域ふれあいサロンに対して助成を行っています。
    (1回につき5,000円/上限60,000円)

4. 地区社協の構成団体、設置単位

主な構成団体

ここに示しているのはあくまでも白山市においての例であり、これ以外でもその地域に暮らす方であれば構成メンバーの一員として参画していただくこともできます。

(1)町内会、(2)民生委員児童委員、(3)ボランティアグループ、(4)当事者組織(老人クラブ、障害者団体)、(5)その他住民組織(婦人会、子ども会など)、(6)関連団体(公民館、福祉施設)、(7)その他地域福祉に関心のある方

設置単位

白山市においては、現在23カ所の地区社協が公民館単位設置されており、旧松任市では15カ所、旧美川町3カ所、山麓には5カ所あります。

「地域のつながり」を生かすという観点に立てば、幼少時からの遊び仲間のつながりがあることや、社会体育大会、PTA活動などは小学校を基本とする公民館単位で行われていることから、小学校を基本とする公民館単位での設置が望ましいと考えられます。

5. 地区社協と市社協との関係

地区社協と市社協は共に「福祉のまちづくり」を進める対等なパートナーです。

市社協は財政基盤や職員の専門性を生かし、地区社協の財政、活動、人材育成、情報提供等の支援のほか、一地域だけでは解決できない、広域的な課題や法や条例で定められた福祉サービスを中心に展開しています。

一方、地区社協は、市社協の協力を得ながら地域住民に最も近い存在として、地区社協ならではのきめ細かい福祉サービスを展開、活動で得られた情報やニーズを市社協に情報提供し、協働して課題の解決を図ることも重要な役割です。

このページの先頭へ